借家に必要な契約書

借家をすることが決まり、いよいよ契約を取り決めよう、という際に必要となるのが、賃貸借契約書です。
不動産のやり取りをする際には、なによりも契約内容がすべてを決定づけます。
契約内容次第では、損得が大きく変わってくるので、しっかりと事前に契約書の内容を検討し、デメリットを極力少なくできるようにしておくことが重要となります。

賃貸借契約書は、国土交通省より発行されており、同じく国土交通省の運営するウェブサイトから無料でダウンロードを行うことができます。
契約書の項目は、契約期間と更新を定める項目からはじまり、家賃及び管理費の支払いについての規定、敷金に関する取り決めについて定める項目に続いており、その他、反社会的勢力ではないことを確約するための項目や、禁止事項、および契約が解除されるようなケースについて記された項目があります。
こうした項目についての注意事項は、以下に詳しく纏めます。
契約書が完成したら、いよいよ契約に移ります。
不動産側の承諾を得て、賃貸借契約書の内容に問題が無いことが確認できたら、署名および押印を行います。
その後、敷金や礼金、および損害保険料や、仲介手数料などの支払いを済ませることで、賃貸借契約は完了します。
また、契約の際に必要となる書類は、契約書の他に、住民票や印鑑証明書が必要となります。
また、不動産の中には、収入を証明するための書類や、連帯保証人承諾書が必要となるケースもあるので、事前に確認しておきましょう。

Copyright © 2014 借家を利用する時の契約書 All Rights Reserved.